急上昇キーワード
  1. ウーバー
  2. デリバリー
  3. Amazon
  4. iPhone
  5. Audible

スマート照明「Hue」の魅力とは?種類や使い方、設置の際の注意点を解説します。

フィリップス社の「Hue(ヒュー)」とはスマート照明と呼ばれるIOT家電の一種で、電球型からリボン状のライトまで様々な製品が販売されています。

スマホからの操作はもちろん、Google HomeやAmazon Echo(アレクサ)といったスマートスピーカーにも対応。

「OK Google、リビングの照明つけて」といった感じで、話しかけるだけで自宅の照明を操作する事や光の色を変える事も可能になります。

その他にもHueがあれば主に下記のような事ができるようになります。

・スマホで明るさや色合いを自由にコントロール

・スマートスピーカーと連携する事でスマホやリモコンに触れる事なく音声で照明を操作可能

・「フルカラー」なら白色や暖色だけでなく好きな色の明かりを演出。その数なんと16000色!

・GPSと連携して家から離れたら自動消灯、家に近づいたら自動点灯するなど様々な設定が可能

ということで、この記事ではスマートLED照明Hueの使い方や実用方法、種類などについてまとめていますので是非ご参考になさってください。

Hue紹介動画

いまいちピンとこないという方は下記の紹介動画を見ていただくとわかりやすいと思います。

Hueの魅力とは?

まずは、Hueの魅力についていくつかご紹介します。
従来の照明器具からHueに変える事で、下記のような事が可能になります。

多様な操作方法

従来の照明器具はリモコンや壁のスイッチまたは直接紐をひっぱって操作していたのに対し、

Hueの基本的な使用方法として

・スマホアプリで操作
・音声で操作
・Hueアクセサリー(専用スイッチやモーションセンサーなど)で操作

という3つの操作方法があります。

Hueスターターセットに同梱されているHueブリッジと自宅のWi-Fiを繋ぐことで、スマホアプリで各部屋のHueを自由に操作でき、外出先から遠隔操作で自宅の照明をコントロールすることができます。

Hueをスマートスピーカーと連携させると、スマホを手に取ることすらなく音声だけで照明を操作できます。

これを見ると電子機器に不慣れな方は「何だか難しそう・・・。」と思うかもしれませんが、スイッチを押すだけで操作できるDimmerスイッチがあれば、従来の照明と同じようにスイッチを押すだけで操作が可能となります。

スマホで明るさや色合いを自由にコントロール

スマホHueアプリで、一つの部屋だけでなく登録しているすべての部屋に設置してあるHueを操作することができます。
電源のON/OFFだけでなく、ひとつひとつの部屋の明るさや色合いまで細かく調整することが可能です。

食事をする時は暖かい色合いで
リビングで映画を見る際
勉強や読書をする時

など、生活スタイルに合わせた自分の好みの明るさ・色合いを演出できます。

philips-hue.comアプリ詳細ページ

「フルカラー」で16000色の中から好きな色の明かりを演出

HUEカラー

「Hue」とは和訳すると「色相」という意味で、Hueの魅力の一つに多彩なカラーバリエーションを楽しめるといった点があります。
16000色の中から好みの明かりを選ぶことができるのですが、もし自分で部屋の明るさや色の種類まで調整するのが面倒といった場合は「ライトレシピ」という予め登録されたシーンに合った明かりを選択することもできます。

スマートスピーカーと連携し音声で照明を操作

Hueはほとんどのスマートスピーカーに対応しているので、Google HomeやAmazon Echo(アレクサ)などと連携させることでスマホを取り出すことさえせずに、話しかけるだけでHueをコントロールすることが可能になります。

スマート照明ならではの様々な設定が可能

スマート照明は私たちの日常生活の様々な場面で活躍してくれます。活用方法の一例をあげると下記のような使い方ができます。

毎日のルーティンに合わせて照明を自動でON/OFF
朝起きる時間に照明をつけて目覚まし代わりに
寝る時間に近づくにつれて徐々に照明を暗く
防犯のため、不在時に照明が一定時間つくようにする
GPS機能で帰宅前に自動的で明かりをつけてくれる
GPS機能で家から離れたら照明の電源をOFFに

いかがでしょう?Hueを使いこなすとかなり便利だと思いませんか?

この中でも特にGPS機能は実用的で、外出・帰宅する際照明を操作する事が不要になり、よくある「部屋の電気を消し忘れて出かけてしまった!」といった場面からも解放されます。

注意点:フィリップスHueのGPS機能は、一人暮らしの方にとってはとても便利な機能なのですが、スマホのGPSと連動しているため、家族が家にいる状態で登録しているスマホを持った人だけ外出してしまった場合、その人が一定距離離れた瞬間家の照明が勝手に消えるという、残された家族にとってはミステリー現象が起きてしまうので、注意が必要です。

Hueを使用するために必要となるもの

迷う はてな ビジネスマン どっち

自宅にフィリップスHueを導入し、その機能を充分に活用するには下記の3アイテムが必要となります。

①インターネット・Wi-Fi環境・・・スマホやスマートスピーカーとHueを連動させる役割

②スマホ・タブレット・・・Hueを操作する端末

③Hueスターターセット・・・Hueを初めて使う為に必要なセット

インターネット・Wi-Fi環境

Wi-Fi無線ルーター

今回ご紹介しているフィリップスHueに限らず、IOT家電全般を導入するには必ずインターネット・Wi-Fi環境が必要です。

もし新築や引っ越しなどでインターネットやWi-Fi環境が未設置の場合は下記の記事をご参考になさってください。

関連記事

Wi-Fi無線ルーターの設置すると、スマホやパソコンでWi-Fiを使って通信制限など気にすることなくインターネットが使える! という事は、多くの方がご存知だと思います。 しかし、いざ自分でWi-Fiルーターを購入するとなると、どれを選べ[…]

Wi-Fi記事アイキャッチ

スマホ・タブレット端末

スマホ画像

スマホを持っていない方はほどんどいらっしゃらないかと思いますが、Hueを操作・設定する際にスマホやタブレット端末が必要となります。

Hueスターターセット

はじめてHueを自宅に導入される方は、上記のインターネット・Wi-Fi環境、スマホなどの端末に加え、「Hueスターターセット」があればHueを利用できます。

下記でHueスターターセットについて解説します。

フィリップスHueスターターセットについて

これからHueを設置しようと思っているけど、種類が多くてどれを買えばいいかわからないという方は、まずHueスターターセットを購入したらOKです。

Hueスターターセットには電球部分のHue本体と、「Hueブリッジ」が同梱されています。

この「Hueブリッジ」がなければHueとスマホやスマートスピーカーを連携する事ができません。(Amazon Echo Plusを持っている方代用可能なので、Hueブリッジは不要です。)

そしてHueの電球には種類があり、

白色と暖色の調整のみの「ホワイトグラデーション」

16000色のカラーバリエーションを自在にコントロールできる「フルカラー」

の2種類があります。

また、電球の個数数・Dimmerスイッチ(Hue専用ON/OFFスイッチ)が同梱されている物もあるので、必要に応じて選ぶ事が可能です。

現在販売されているフィリップスHueスターターセットのラインナップは下記の通りです。

ホワイトスターターセット電球2個入り

・ホワイト(暖色)HueLED電球×2個
・Hueブリッジ
・ブリッジ用電源アダプタ
・LANケーブル
・取扱説明書
・保証書(保証期間2年)

フルカラースターターセット電球3個入り

・フルカラーHueLED電球×3個
・Hueブリッジ
・ブリッジ用電源アダプタ
・LANケーブル
・取扱説明書
・保証書(保証期間2年)

ホワイトスターターセットDimmerスイッチ付き

・ホワイト(暖色)HueLED電球×2個
・Hueブリッジ
・電源アダプタ
・LANケーブル
・Dimmerスイッチ
・説明書
・保証書 (保証期間2年)

Hueを実際に取付けする際によくある問題点・疑問点

実際にHueを設置しようと思った際よくある下記のような問題点や疑問点についてご紹介していきます。

Hue1個でどのくらいの明るさ?
自分の部屋にHueは何個くらい必要?
どうやって取り付けるの?

例えばリビングが14畳だった場合、Hueの電球1個では到底明るさが足りません。
また、一般的な住宅の照明器具は「引っ掛けシーリング」というもので天井に固定しているものが多く、Hueをつけるソケット(差し込み口)がない!というパターンが意外と多いのです。

そのような点も併せて解説していきます。

Hue1個の明るさと適応する部屋の広さは?

Hueには現在3種類の明るさのものが販売されており

1個あたりの明るさが

470im(ルーメン)
800lm(ルーメン)
1,500lm(ルーメン)

があります。

明るさの目安・lm(ルーメン)については下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事

ご自宅で使用している照明器具は、従来の白熱球や蛍光灯からLED照明に変えられましたか? 既にご存知の方も多いと思いますが、LEDは消費電力が少なく節約に繋がり、寿命も長いので電球を変える手間も省けます。 今では住宅だけでなく店舗や企業・[…]

広さと明るさアイキャッチ

6~8畳の部屋で約3,000lmほどの明るさが最適とされているため、畳数とHueの個数の目安は下記のようになります。

6~8畳の部屋=約3,000lm(ルーメン)
Hue470lm6~7個必要
Hue800lm=3~4個必要
Hue1,500lm=2個必要
12~14畳の部屋=約5,000lm(ルーメン)
Hue470lm10~11個必要
Hue800lm=6~7個必要
Hue1,500lm=3~4個必要
ひとつの部屋をHueだけで照らすには、思った以上に数が必要になります。
まずは他の照明器具と併用してHueを使ってみるのもありかもしれませんね。

Hueを取り付けるために必要なソケット

HueはE26口金またはE17口金の、いわゆる一般的な電球の差し込み口が必要となります。
下記のようなシーリングライトには取り付けることができません。

×Hue取り付け不可

シーリングライト画像
ひっかけシーリング

出典:Panasonic

下記のように電球を取り付けるタイプの照明器具であれば、電球部分をHueと取り換え設置することが可能です。

Hueの取り付け可能

 

17口金から26口金に変えたい場合
Hueには17口金と26口金のものがあり、Hueをいざ取り付けようと思ったら、照明器具側のソケット差し込み口のサイズが合わなかった・・・という場合は、下記のような変換アダプタがあれば解決します。

その他Hueの便利アイテム紹介

Hueにはスターターセット以外にも様々な種類やアクセサリーがあり、使用する用途や設置場所に応じて使い分ける事ができます。
よく使われているHueアクセサリーをいくつかご紹介します。

Hueライトリボン

Hueライトリボン画像

Hueライトリボン画像

出典:PHILIPS

Hueライトリボンは2mのリボン状のライトを好きな長さに調節して足元灯や関節照明として活用できます。
部屋の雰囲気を変えたいといった方にもおすすめです。

 

Hue Go

HueGO画像

HueGO画像

出典:PHILIPS

HueGOは持ち運びできるランプで、室内外様々な場面で使用可能です。
最大3時間の連続使用が可能で万が一停電が起きた際にも活用できます。
もちろん色も変える事ができるのでシチュエーションに合わせた明かりを演出できます。

 

Hue モーションセンサー

Hueモーションセンサー画像

Hueモーションセンサー画像

出典:PHILIPS

Hueモーションセンサーは人の動きを察知すると設定したHueランプを自動でON/OFFするための専用センサーです。
単4電池2本の電池式なので、好きな場所へ好きな時に付け替える事が可能。
Hueモーションセンサーの電池寿命は約2~3年と長めなので頻繁に電池切れを起こす心配もありません。
他のセンサーライトと違って、明るさの細かな調整ができるところも魅力の一つです。

 

まとめ

Hueは今までの照明とは一味違った次世代型の照明器具で、まだそれほど使用している人は多くありませんが、これからIOT化が進んでいくにつれ利用する住宅が増え、数年後にはスマート照明が当たり前の時代となる事でしょう。

現段階では、家中すべての照明器具をHueのようなスマート家電にするには相当な数のランプが必要となってしまうので、必要に応じて従来の照明と使い分けるのが現実的かもしれませんが、それでも今より快適になる事は間違いないでしょう。

これから先5G・IOTの時代になり、もっと多くのスマート照明が登場してくるのが楽しみですね。

 

Hue記事アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
>usagi店長

usagi店長

某家電量販店店長、兼ブロガー。家電・スマホ・インターネット・ゲーム・玩具・リフォーム・日用雑貨他、多数の商品を取り扱う大型家電量販店の店舗運営に13年間携わり、現在は出身地の小型店舗でのんびりと過ごしています。皆様のインターネットライフをもっとお得に快適にできるよう、当ブログを立ち上げました。