格安スマホユーザーが選ぶべきおすすめインターネット回線は?現役販売員が本音で解説します。

「インターネットの契約はスマホとセットで割引がお得というけど、自分格安SIMや格安スマホユーザーですけどどうしたらいですか

今回はそんな疑問を解決していこうと思います。

簡単に自己紹介をさせていただきますと、筆者は家電業界に携わる事13年、スマホやインターネットのお客様へのアドバイスや営業教育を現役で行っています。この記事はそんな人物が本音を綴った内容です。

すでに色々と調べている方もいらっしゃるかと思いますが、どこのネット記事でもインターネットを選ぶ場合はスマホ料金の割引が適応されるネット回線をおすすめしていますよね。格安スマホユーザー目線で解説しているサイトはあまり見かけません。

ただ、私も含め日本には格安スマホユーザーがたくさんいます。

そこで今回はそんな格安スマホユーザーにとって、もっともメリットのあるインターネット回線を厳選してご紹介します。

↓格安スマホ以外の方はこちらの記事でぴったりなインターネット回線を調べる事ができます↓

【インターネットの選び方ガイド】初心者でもわかりやすい!あなたに最適なインターネットプロバイダ・光回線が簡単に見つかります。

※当サイトでは総額表示(税込み価格表示)で記載・ご紹介しています。

格安スマホユーザーにおすすめのインターネット回線

結論から言うと、格安スマホユーザーにおすすめのインターネット回線は下記のようになります。

NURO光

So-net光プラス

So-netauひかり)

NURO光は契約できる地域・建物がかなり限定的されてしまうのですが、もし今住んでいる地域がNURO光エリア内なのであれば高速通信が可能で、マンションタイプであれば料金も格安なので絶対的におすすめです。また、auひかりはau独自回線で対応エリアが広く価格も安く、So-net光プラスはNTT東日本・西日本フレッツ光のエリアと同じ回線で安くインターネットを利用できます。

NURO光・So-net光プラス・So-net(auひかり)の対応エリア外の方は地域限定光回線を、地域限定光回線もエリア外であればCATV(ケーブルテレビ)のインターネット回線を検討されることをおすすめします。

私が上記のインターネット回線を格安スマホユーザーへおすすめする理由と対応エリアを解説していきます。

格安スマホのセット割もあるけど・・・

スマホセット

格安スマホの種類によっては指定のインターネットと併用することでスマホ料金が割引されるセット割が適応される場合があります。

しかし格安スマホの場合、割引される金額が低いためわざわざ決められたインターネット回線を契約してセット割にするより、料金が安い別のインターネット回線を選んだ方が断然お得になります。

スマホセット割が適応される格安スマホ

格安スマホ インターネット回線

月額

スマホセット割
OCNモバイル OCN光

戸建て5,610円
マンション3,960円

200円
IIJmio IIJmioひかり 戸建て5,456円
マンション4,356円
600円
BIGROBEモバイル BIGROBE光 戸建て5,478円
マンション4,378円
300円
DTI SIM DTI光 戸建て5,280円
マンション3,960円

150円

※すべて税込

上の表のように、格安スマホの指定されたインターネットを契約した場合割引されるスマホ料金は150円~600円程度です。この割引料金を差し引いても、元々の利用料金が安いインターネット回線があるので、格安スマホユーザーの方には下のインターネット回線の方がおすすめです。

月々の料金が安いインターネット回線

インターネット回線 料金 特徴
戸建て マンション  

NURO光

5,217円~ 2,090円~ ※他社に比べ高速通信
So-net光プラス 3,828円 2,728円 フレッツ光回線エリア
So-net(auひかり) 3,828円 2,288円 au独自回線エリア

※すべて税込

NURO光の戸建て月額料金以外は格安スマホのセット割を適用した料金よりもかなり安くなることがお分かりいただけると思います。

住んでいる建物が戸建ての場合、NURO光よりもSo-net光プラスの方が月額は安く抑えることができますが、NURO光他社に比べ通信速度が高速なので快適にインターネットを利用することができます

リスクのある高額キャッシュバックはおすすめしません

リスク

最近ではスマホ乗り換え時の高額キャッシュバックなどは規制が厳しくなってきましたが、インターネット業界ではまだまだ内容がわかりづらく怪しい高額キャッシュバックを掲げているプロバイダーが多く存在しています。その中には必要のないオプションを付けないとキャッシュバックを受け取れなかったり、複雑な手続きが必要で、期日までに手続きができないとキャッシュバック自体受け取れなくなる場合も。

キャッシュバックの金額が多くなるにつれて相当のリスクを伴ってしまうのです。特にインターネットやスマホに不慣れな方には高額キャッシュバックがあるインターネット回線はあまりおすすめしません。

もちろんきちんと決められた手続きを行いさえすればお得になることもありますが、この記事では極力面倒なキャッシュバック手続きをしなくてもお得に利用できるインターネット回線・プロバイダーをご紹介しています。

まずはNURO光対応エリアか確認する

NURO光の対応エリアは北海道・関東・東海・関西・九州の一部エリアのみとなっていますが、高速通信が可能でマンションタイプであれば月々2,090円~と格安の料金でインターネットを利用できるかもしれません。

格安スマホを利用している方でインターネット回線に迷っている方は、まずは自宅の住所がNURO光の対応エリアなのかを調べてみましょう。

■NURO光のエリア確認方法

まずは下記のページを開きます。

NURO光 エリア確認のページへ

少し下へスクロールすると出てくる「新規お申込み・エリア確認」のボタンから先へ進みます。

NIRO光①

郵便番号・住所詳細・住戸タイプ(戸建て・マンション)を選択して「提供エリアを確認する」のボタンをクリック。※マンションを選択すると、マンション名が選択できます。記載がなければ「見つかりません」を選択して階数選択の項目から居住階を選択します。

NIRO光②

下の図のように「〇 NURO光提供エリア」と表示されたらNURO光利用可能エリアです。さらに下にスクロールすると、適応可能なプラン・キャッシュバックなどの適応特典内容・オプションの選択などがあり、「次へ進む」からそのまま申し込みも可能です。

NIRO光③

なおキャンペーンで開通後6か月後には45,000円のキャッシュバックも受取れます。このキャッシュバックは無駄なオプションを付帯しなくてももらえますが、開通後6カ月後の15日に送られてくる案内メールを確認して45日以内に手続きをする必要があるので忘れずに確認、手続きをしましょう

戸建てにお住まいNURO光エリア内だけど、そこまで高速通信にこだわりがなくどちらかというと月額が安いほうがいいといった方は下のSo-net光プラスかauひかりがおすすめです。

月々の料金が格安So-net光プラス

So-net光プラスは、格安スマホでスマホセット割を利用しなくても戸建てで月々3,828円マンションで月々2,728円と毎月の利用料金が格安。また、NTTフレッツ光の回線を利用しているため通信可能エリアも広く引っ越しの可能性がある方にとってもおすすめです。

So-net光がなぜこんなに安い利用料金で提供できるかというと、キャッシュバックがない代わりに2年間月額から割引されているからです。面倒な手続きもなく、全員等しく月々の料金から割引として還元してもらえるので安心です。

NURO光のエリア外、戸建てで通信速度よりも月額を抑えたいといった方は自宅がSo-net光のエリア内(NTTフレッツ光エリア内)かどうか確認してみましょう。NTTフレッツ光のエリア確認はNTT東日本・NTT西日本で確認ページが異なりますので、それぞれ下記の方法で確認できます。

■So-net光エリア確認方法(東日本エリアの場合)

下の「NTT東日本フレッツ光エリア確認ページへ」を開きます。

NTT東日本フレッツ光エリア確認ページへ

お住まいの郵便番号を入力して、「次へ」のボタンを押して番地・居住タイプを選択するとエリアの判定ができます。郵便番号がわからない場合は「郵便番号がわからない方はこちら」のボタンから検索可能です。

NTT東日本

下の図のように「〇 お住まいの住居はフレッツ光提供エリアです」と表示されたらSo-net光も提供エリア内です。

フレッツ光エリア①

So-net光の詳細と申し込みページへ

■So-net光エリア確認方法(西日本エリアの場合)

下記の「NTT西日本フレッツ光エリア確認ページへ」を開きます。

NTT西日本フレッツ光エリア確認ページへ

画面右側の「通常のお申込み」のボタンを開きます。

NTT西日本エリア確認①

お住まいタイプと郵便番号または住所、電話番号を入力して「次へ」を押します。

お住まいタイプの選択で住んでいる建物の種類を選択します。マンション(集合住宅)の表記になっていますが、アパートに住んでいる方も「マンション」の選択でOKです。

郵便番号を入力して「次へ」を押し、住所選択・番地を選択する画面へ移行します。※郵便番号は半角で入力しないと認識してくれません。
マンションの場合建物の名称まで選択して「この住所で判定します」のボタンをクリックしてエリアの確認が可能です。
郵便番号がわからない場合は「府県で検索」から進みます。

電話番号でも検索可能ですが、電話番号で検索不可の場合があります。その場合は郵便番号または住所での検索となります。

NTT西日本アリア確認②

下の図のように「ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです」と表示されたらSoftbank光も提供エリア内です。

フレッツ光エリア②

So-net光の詳細と申し込みページへ

もしNTTフレッツ光エリア外だった場合は次におすすめするauひかりのエリア確認をしてみましょう。

So-net光プラスがエリア外だった場合はSo-net(auひかり)

So-net(auひかり)はau独自のインターネット回線を使っているため、So-net光プラスのエリア外(NTTフレッツ光エリア外)でも対応できる可能性があります

月額は戸建てで月々3,828円、マンションで月々2,728円とSo-net光プラスとほとんど変わらない金額で利用できます。ここで紹介しているauひかりの申し込みページはSo-net光と同じプロバイダーなので、キャッシュバックは月々料金から自動的に割引してくれます。

こちらも下記の要領で簡単にエリア確認ができます。

■So-net(auひかり)のエリア確認方法

まずは下のページを開きます

So-net(auひかり)エリア確認

少し下にスクロールすると下記のエリア確認の項目が出てきます。郵便番号・固定電話(任意でOK)・居住タイプを入力して「提供エリアの確認」を押します。

auひかりエリア確認方法

住所の詳細・マンションであれば該当するマンション名(該当がない場合は「該当なし」)を選択すると下部にエリア判定結果が表示されます。

auひかりエリア確認方法②

So-net(auひかり)の提供エリア内であれば、そのまま「プラン選択・申し込み」を選択することで申し込み画面へ進むことができます。

いずれもエリア外だった場合は?

格安スマホユーザーで、おすすめのインターネット回線NURO光・So-net光・So-net(auひかり)いずれもエリア外だった場合は地域限定光回線・CATV(ケーブルテレビ)のインターネット回線または持ち運び可能なモバイルWi-Fiルーターを検討されることをおすすめします。

それぞれの特徴は、固定回線で安定したインターネット環境を求める方には地域限定光回線、地域限定光回線もエリア外だった場合はCATV(ケーブルテレビ)のインターネット回線、固定回線ほど通信は安定しないが持ち運びできるモバイルWi-Fiルーターとなります。

エリア確認、申し込みにおすすめのページをご紹介しますので参考にしてみてください。

地域限定光回線

電力系光回線

地域限定光回線は、その名の通り限定された地域でのみ展開されているインターネット回線です。光ファイバーケーブルを利用した電力系のインターネット回線のため、CATV(ケーブルテレビ)のインターネット回線より安定した通信環境でインターネットを利用できます。

■地域限定インターネット回線おすすめページ

地域 おすすめページ
愛知・岐阜・三重・静岡・長野 コミュファ光
大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀・福井 EO光
愛媛・高知・香川・徳島 ピカラ光
山口・島根・鳥取・広島・岡山 メガエッグ光ネット 
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島 BBIQ光

CATV(ケーブルテレビ)のインターネット回線

CATV

CATV(ケーブルテレビ)のインターネット回線は地域限定光回線より通信品質は劣りますが、住んでいる地域のCATV(ケーブルテレビ)回線を利用してインターネットを接続することができます。

全国のCATV(ケーブルテレビ)事業者は多数存在するため、下のページから自分の住んでいる地域のCATV(ケーブルテレビ)のホームページから申し込みが可能です。

日本ケーブルテレビ連盟 ケーブルテレビ事業者一覧

モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーターは持ち運び可能で外出先でもWi-Fiを利用することができ、光回線のように工事をする必要がないので手軽にインターネットを契約したいといった方にもおすすめです。しかしその分、固定回線に比べて通信速度が安定せず障害物に弱いといったデメリットもあります。

そんなモバイルWi-Fiルーターのなかでも対応エリアが広く最もおすすめできるものが「WiMAX2+」です。エリア確認方法と申し込みページを記載しておきます。

■WiMAX2+の提供エリア確認方法

まず下記のサイトに進み「エリア確認」のボタンをクリックします。

WiMAX2+のエリア確認へ(So-net モバイル WiMAX 2+)

WiMAX2+

次に「エリアについて確認する」のボタンをクリックします。

WiMAX2+②

最後に「サービスエリアマップ」または「ピンポイントエリア確認」のどちらかを選択します。「ピンポイントエリア確認」で建物や細かい住所を入力していく方が、より正確な結果が出ます。

WiMAX2+③

表示された地図上のピンク色の場所であれば基本的に使用できますが、「ピンポイントエリア確認」で表示された地図を拡大していくと左上の「判定」の場所に〇・×・△・〇~△などの記号が表示されたら詳細をクリックするとその内容まで確認できます。

 WiMAX2+④⑤

判定結果が「〇」の場合 WiMAX2+利用可能エリア。
判定結果が「〇~△」の場合 WiMAX2+が問題なく利用できる可能性大。念のため15日間無料でお試しできるTryWiMAXを活用すると間違いありません。
判定結果が「△」の場合 窓から離れた場所や近くに障害物がある場合圏外になる可能性があるので、15日間無料でお試しできるTryWiMAXでお試し利用を推奨。
判定結果が「×」の場合

WiMAX2+はエリア外で現在使用不可(今後エリア拡大される可能性あり)。

WiMAX2+の詳細と申し込みはこちら

まとめ

最後に私が格安スマホユーザーの方へおすすめするインターネット回線を順番にまとめておきます。あなたのインターネット回線選びの役に立てれば幸いです。

NURO光

提供エリアは限られるが、通信速度が高速で料金も安い。

So-net光プラス

NTTフレッツ光の提供エリアで幅広く、月々料金が格安。

So-net(auひかり)

au独自回線で、NTTフレッツ光の提供エリア外の方でも利用できる可能性あり。月々料金が格安。

地域限定インターネット回線・CATV(ケーブルテレビ)のインターネット回線

モバイルWi-FiルーターWiMAX2+

最新情報をチェックしよう!