【動画付】羽根のないドローンが話題!ドコモが飛行船型ドローンを開発!従来のドローンの弱点を見事に克服。

ドローンといえば、プロペラが着いているのが当たり前と思われがちですが、2019年4月17日プロペラを使わずに空中を浮遊できるドローンがドコモから発表されました。
これにより今までのドローンに対する固定概念が覆されるかもしれません。

下の動画はドコモから発表された羽根のないドローン紹介動画です。

従来から使われているプロペラ付きのドローンの魅力は、空中を自在に移動できる事で、上空からの撮影や点検・警備など様々な分野で活躍が可能となるといったところ。

ですが高速で回転するプロペラは近づくと怪我をしてしまう恐れもあり、操作を謝って高所から落下してしまうと危険な為、飛ばす場所の規制やルールが多いのも事実です。

また、近くでドローンが飛んでいるのを見た事がある方はご存知かもしれませんが、高速で回転するプロペラの音は中々の騒音です。

そんなプロペラ付きのドローンの弱点を、ドコモが開発した羽根のない飛行船型ドローンではうまくカバーされています。

今回はその特徴をご紹介していきます。

飛行船型ドローンの仕組み

ドコモ飛行船型ドローン

出典:報道発表資料/ドコモ

本体直径 約90cm
最大飛行速度 約20cm/秒
連続飛行時間 約1〜2時間

飛行船型ドローンはヘリウムガスを充填させた風船が浮力となって浮遊します。

移動する際は、超音波振動モジュールが空気ポンプの役割となって上下左右に動く事ができ、微細な振動によって推進力が生み出されているので人が触れても怪我をする事がありません。

プロペラ付きのドローンに比べてはるかに安全なので多くの人が密集する場所でも飛ばす事ができ、今まで不可能だった人の周囲に接近した撮影も可能となります。

現段階では連続飛行時間が1〜2時間程度とやや短め。
今後の開発によって飛行時間が長くなる事が期待されます。

主に屋内での活用が期待される

ヘリウムガスでの飛行は風船と同じ原理なので、風に流されやすいとこが弱点となります。

よって屋外での使用には向いておらず、主に屋内で活躍する事が期待されます。

プロペラ付きのドローンは屋内での飛行は危険を伴う為不向きだったのですが、飛行船型ドローンであれば人が触れても安全なので問題ありません。

今後はパーティー会場などで当たり前のように飛行船型ドローンが飛び交うようになるかもしれませんね。

安全・低騒音

高速回転するプロペラがない事で、安全性だけでなくプロペラが回転する騒音も防ぐことができます。

飛行船型ドローンの動力源である超音波振動モジュールはプロペラの回転音に比べてはるかに静かなので、室内空間を浮遊していたとしても音が気になる事もありません。

プロジェクションマッピングで演出も

飛行船型ドローンプロジェクションマッピング

出典:報道発表資料/ドコモ

飛行船型ドローンは本体球体で表面積も広く、動くスピードも遅いのでプロジェクターからの映像の投影を映し出すスクリーンとしても最適なのです。

ただでさえ目立ってしまうのに、そこに映像まで映し出されるなんて、その注目度は計り知れませんね。

プロジェクションマッピングと飛行船型ドローンの融合により、イベント会場の演出や企業の広告など様々な形での活躍が期待されます。

飛行船型ドローンが活躍できるシーン

コンサートホール
イベント会場
結婚披露宴会場
警備、監視
スピーカーの搭載による音声案内
企業広告

飛行船型ドローンはイベント会場でのドローン撮影や演出以外にも、屋内の警備や監視にも役立つ事が見込まれています。

また、本体にスピーカーを搭載することで、大型ショッピングモールなど建物の道案内役として、困っている人の誘導にも貢献できます。

飛行船型ドローンの弱点は?

屋外には不向き
重い物を運ぶほどパワーがない
スピードが出ない
本体が比較的大型

飛行船型ドローンは基本的に屋内仕様なので上記のような弱点もありますが、屋外ではプロペラ付きのドローン、屋内では飛行船型ドローンを使用するといった風に、それぞれの特徴を生かしながら利用シーンに合ったドローンの使い分けができるようになります。

今後もまた新しいドローンが開発によって、更なる活躍と進化を期待したいですね。

羽根のないドローンアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!