宅配ボックスおすすめはこれ!戸建・マンション値段の相場は?

ネットショッピングで購入した商品の受取のタイミングがなかなか合わず、毎回ポストに宅配業者から不在通知が入っている・・・

日中仕事や学校で家を留守にされている方にとってはあるあるですよね。

近年ネットショッピングの利用者の増加とともに、宅配ボックスの需要が大幅に拡大しています。

マンションや賃貸物件でにすでに設置されている場合は問題ないのですが、一度も宅配ボックス使ったことがない方にとっては、値段や種類、使い方など、分からない事だらけですよね。

ということで、今回は宅配ボックスの使い方やおすすめのご紹介と、宅配ボックスの価格などについて解説していきます。

宅配ボックスの種類

宅配ボックスは設置が容易な簡易設置タイプと工事が必要となる工事設置タイプの2種類があります。戸建て・マンション・アパートなどの建物の種類や、使用用途などによりご家庭にあったタイプを選びます。

簡易設置タイプ

費用:〇
セキュリティ:△

マンションやアパートなどに住んでいて宅配ボックスを工事してまで設置できないといった方は、簡易設置タイプの宅配ボックスがおすすめ。5,000円以下の安価なものもあり、設置は玄関のドアや柱などにワイヤーで繋いで使用するといったイメージ。ただし宅配ボックスを置いている事で留守をしている事がわかるので、セキュリティ面には十分な注意が必要です。現在販売されている簡易設置タイプの宅配ボックスには、金属素材のものから折り畳み可能な物まで、様々な種類が存在します。

金属製簡易設置宅配ボックス

 

折りたたみ式簡易設置宅配ボックス

工事タイプ

費用:△
セキュリティ:◎

工事が必要な宅配ボックスには地面にガッチリ固定するアンカー固定タイプや家の外壁などに取り付ける壁付けタイプなどがあります。簡易タイプに比べると設置費用は高くなりますが、セキュリティ面では圧倒的におすすめです。主に戸建ての住宅で使用される宅配ボックスです。

宅配ボックスの素材

宅配ボックスを選ぶ際、どのような素材でできているか?という点も重要なポイントとなります。宅配ボックスの主な素材としてポリエステル・プラスチック・金属などがあげられます。それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。

ポリエステル素材

ポリエステル素材の宅配ボックスは折り畳み可能な物もあり、軽量で持ち運びが手軽にでき価格も割安なのでマンションやアパートに住んでいる方でも気軽に購入・使用することができます。しかしチャックに鍵がついているとは言え、ポリエステル部分は防犯面に劣るというデメリットがあります。また防水面でもプラスチックや金属ほど優れていません。

在宅中の対面受け取りを避けるための宅配ボックスとしての利用にはおすすめできますが、不在時の荷物の受け取りとしての利用は盗難のリスクを伴います。

プラスチック素材

プラスチック素材の宅配ボックスは収納面ではポリエステル素材に劣るものの、防水・防犯面ではポリエステルに比べ頑丈なので、ポリエステル素材ではすこし不安といった方におすすめです。

金属素材

金属素材の宅配ボックスは防水・防犯面では最も優れていますが、価格が高く設置工事を要するものが多く、設置する際のハードルが高めと言えます。とはいえ、工事が不要な金属素材の宅配ボックスも実は多く販売されているので、多少費用がかかっても防犯はしっかりしたいという方には金属素材の宅配ボックスをおすすめします。

工事不要の金属素材宅配ボックス

宅配ボックスの値段の相場

宅配ボックスの種類がある程度理解できても、気になる所はやはりお値段ですよね。マンション・アパートなどに設置する簡易タイプから、本格的に工事が必要となる工事設置タイプまで価格は様々ですが、それぞれのタイプごとの宅配ボックスの値段の目安をご紹介します。

簡易設置タイプ

◆ポリエステル素材

およそ2,000円~5,000円

◆プラスチック素材

およそ3,000円~7,000円

◆金属素材

およそ10,000円~30,000円

工事設置タイプ

本体価格

およそ30,000円~100,000円

工事設置タイプの場合地面にアンカーで固定したり壁掛けにしたりと、工事費用も別途必要となります。

戸建てにおすすめの宅配ボックス

一戸建て

戸建てで設置スペースもあり、防犯性・耐久性に優れた本格的なものを設置したいといった方におすすめの宅配ボックスをいくつかご紹介します。

パナソニック宅配ボックス「COMBO(コンボ)」

大手家電メーカーパナソニック製の宅配ボックスで、電源不要・押印システムを搭載。このCOMBO(コンボ)シリーズには、荷物の大きさによりバリュエーションが豊富な点も魅力の一つで、設置スペースや好みのデザインを選ぶ事もできます。
パナソニックは福井県あわら市で宅配ボックス設置による再配達低減を目指す実証実験を行っており、約30%再配達率が軽減したという実証結果が出ています。パナソニックの宅配ボックスに対する力の入れ様と、宅配ボックス設置による効果の高さがうかがえますね。

ナスタ(NASTA) 宅配ボックス 壁付タイプ

こちらは住宅関連製品を中心に宅配ボックスも多数販売しているナスタ(NASTA)の壁付けタイプ。壁付けにする事で宅配ボックスの存在感も少なく、すっきりと設置することができます。電源不要のプッシュボタン式の錠を採用しており、設置も比較的スムーズに行えます。

壁掛け宅配ボックス

商品詳細を見る

ヤマソロ 宅配ボックス  レグノ

シンプルでおしゃれな宅配ボックスをお探しの方には、ヤマソロ宅配ボックス レグノがおすすめ。木目調で玄関先の雰囲気も損ねないシックな印象の宅配ボックスです。こちらは二段仕様のスリムタイプですが、他にも用途により大きさやデザインを選ぶ事もできます。
地面に固定するアンカーが付属していますが、アンカー固定が困難な場合はワイヤー穴があるのでワイヤーによる盗難防止も可能です。

宅配ボックス2段スリム

商品詳細を見る

マンションにおすすめの宅配ボックス

マンション

マンション・アパートなどの集合住宅では、戸建てと違い工事設置タイプの宅配ボックスは設置できない為、据え置き型の簡易設置タイプを選ぶ事になります。その中でも持ち運び・防犯・耐久性に優れた宅配ボックスをご紹介します。

ナスタ(NASTA)スマート南京錠付き宅配ボックス

こちらはナスタ(NASTA)のスマート南京錠付きの宅配ボックス。スマート南京錠とは、スマホのアプリに連携することでスマホ自体が南京錠の鍵になるといったもの。南京錠の鍵は小さくて失くしやすいので便理ですね。
固定用のワイヤーが同梱されており、本体素材も内部に硬い中板が用いられているので頑丈です。

商品詳細を見る

Panntry折りたたみ大容量宅配ボックス

大きな荷物を受け取ることが多く、大きめの宅配ボックスがいいといった方にはこちらの「Panntry折りたたみ大容量宅配ボックス」がおすすめ。72Lの収納量でありながら、折りたたみ時は厚さ約6センチとコンパクトに収納できるので使用しない時でも邪魔になりません。
本体とセットで南京錠とワイヤーが付属しており、素材は耐久性に優れたPVCシートが用いられています。

商品詳細を見る

STONEWELLS(ストーンウェルズ) 保冷宅配ボックス

こちらはSTONEWELLS(ストーンウェルズ)の保冷機能付き宅配ボックス。79Lの大容量でありながら折りたたみも可能で、保冷が必要となる食料品の受け取りの際などに重宝します。宅配ボックスとしての利用はもちろん、キャンプやアウトドア・運動会など様々なシーンで使用できます。

商品詳細を見る

宅配ボックス選びのポイントまとめ

最後に宅配ボックスを選ぶ際のポイントをまとめておきます。

・自宅が戸建てか集合住宅か?
戸建て
→本格的に防犯・耐久性に優れたものであれば工事設置タイプの宅配ボックスがおすすめ。
集合住宅
→簡易設置タイプの宅配ボックス
・素材で選ぶ
金属素材
→費用は上がるものの防犯・耐久性はダントツ
プラスチック素材
→金属素材に比べ防犯・耐久性は劣るものの比較的安価
ポリエステル素材
→最も安価でコンパクトに収納可能。防犯・耐久性は低い
・機能で選ぶ
押印機能付き
→シャチハタをセットするだけで押印してくれる
防犯機能
→南京錠、スマートロック、プッシュ式、ダイヤル式など
保冷機能
→クール便などの利用が多い方におすすめ

売れ筋の宅配ボックスをチェック!

楽天人気宅配ボックス

アマゾン人気宅配ボックス

宅配ボックスアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!