【LED照明】部屋の広さに合った照明器具のlm(ルーメン)数がわからない!という悩みを解決します。

ご自宅で使用している照明器具は、従来の白熱球や蛍光灯からLED照明に変えられましたか?
既にご存知の方も多いと思いますが、LEDは消費電力が少なく節約に繋がり、寿命も長いので電球を変える手間も省けます。
今では住宅だけでなく店舗や企業・工場などの照明も次々にLEDへと変わりつつあります。

今回はそんなLED照明器具の部屋の広さに合った明るさを調べる方法をご紹介します!

電気屋さんで見たことがある方もいるかもしれませんが、LED照明の明るさを表す単位はというと、lm(ルーメン)という何やら難しい単位。
そしてこのlm(ルーメン)の明るさの目安として「40W相当」とか「60W相当」とか書かれても分かりずらい!

という事で、これからLED照明やLED電球を買いに行こうと思っている方や、今現在電気屋さんでLED照明やLED電球を見ながら混乱している方の為に、その悩みを解決したいと思います。

LEDに関して詳しく知りたいといった方は下記の記事をご参照ください。

畳数とlm(ルーメン)数早見表

結論から言うと下記の表を目安にしていただければおよそ問題ありません
がしかし、「そもそも自分の部屋の畳数がわからない」とか、「照明器具の種類によって細かくlm(ルーメン)数を知りたい」「使用する方が高齢」などといった方は更に下の方で細かく解説していますので参考にしてください。

畳数とlm(ルーメン)数早見表

部屋の広さ lm(ルーメン)数
4.5畳 約2800lm
6畳 約3200lm
8畳 約3800lm
10畳 約4500lm
12畳 約5000lm
14畳 約5600lm
16畳 約6500lm
18畳 約8000lm
20畳 約9500lm

部屋の畳数の調べ方

自分の部屋を思い浮かべて、パッと正確な畳数を答えられる方はそう多くないですよね。
これから照明器具や電球をつけようとしている部屋の広さがそもそも分からない!といった方はこちらをご覧ください。
ここでは、たった3ステップで簡単に部屋の畳数が調べられる方法」をお教えします。

部屋の面積(㎡)を計算する

・・・部屋の縦の長さ(m) × 部屋の横の長さ(m)

ステップ①で出た面積(㎡)×0.3をする

・・・この時点で出た数値はその部屋の坪数となります。もっと細かく正確に計算したい場合は面積(㎡)×0.3025で計算してください。

ステップ②で出た数値(坪数)×2で畳数が導き出されます

部屋の天井の高さにも注意

畳数は意外と簡単に導きだせたと思いますが、注意しなければいけない点が「天井の高さ」です。

一般的な住宅の平均的な天井の高さは2.5m前後なので、照明器具の明るさも一般的な家庭の天井の高さが目安となっています。
例えば部屋の広さが10畳だとしても、天井までの高さ3-4mと少し高めなのであれば、10畳用よりも明るい照明器具でなければ十分に部屋を照らす事ができません。この場合、14畳用以上といった畳数より広い照明器具が必要となります。

天井が2.5mを超える場合、その分余裕を持って照明器具を選ぶようにしましょう。

【照明器具の種類別】畳数とlm(ルーメン)数の目安

上記で述べたように、照明器具は設置する場所や高さによって必要な明るさが異なります。
照明器具には主に天井にペタッと張り付くような形のシーリングライトと、天井から紐でぶら下げるタイプのペンダントライトの2種類が多く使われています。
なのでここではシーリングライトとペンダントライトの2種類の明るさの目安を記載しています。
是非参考にしてください。

シーリングライト

 

シーリングライトを選ぶ場合、天井とほぼ同じ高さにピタッと張りつくように設置するため、部屋の端までまんべんなく光を届けられるというメリットがあります。
その反面、高さが必要となるためそれ相当の明るさが必要となります。
設置の際も高い場所での作業となる為、足場などには十分注意して設置作業を行いましょう。

【シーリングライト】畳数lm(ルーメン)数の目安

部屋の広さ lm(ルーメン)数
4.5畳 約3000lm
6畳 約3400lm
8畳 約4000lm
10畳 約4600lm
12畳 約5200lm
14畳 約5800lm
16畳 約6800lm
18畳 約8300lm
20畳 約9800lm

16畳以上の部屋だと、1つのシーリングライトだけでは部屋の隅まで明かりが届かない可能性があります。
シーリングライトを複数に分けて使用することをおすすめします。

ペンダントライト

ペンダントライトは、天井がらぶら下がった状態になる為、天井より低い位置から明かりを届けます。
シーリングライトほどルーメン数は必要ありませんが、光を届ける範囲が狭いので畳数が広い場合は複数の照明器具が必要です。

【ペンダントライト】畳数lm(ルーメン)数の目安

部屋の広さ lm(ルーメン)数
4.5畳 約2600lm
6畳 約3000lm
8畳 約3600lm
10畳 約4200lm
12畳 約4700lm
14畳 約5200lm
16畳 約6300lm
18畳 約7800lm
20畳 約9300lm

およそ12畳以上の部屋の場合、ペンダントライトを2つ以上設置することで部屋の隅まで明かりを届ける事ができます。

高齢の方には明るめの調色可能な照明がおすすめ

高齢の方が使用する部屋には明るめの照明が良いとされています。
今まで何百もの照明器具を販売してきた私の経験上、6畳の部屋であれば8畳用、8畳の部屋であれば10畳用の照明器具といったようにワンランク上の畳数を使用していただければ問題ないでしょう。
また、若年者と高齢者では光の色合いの好みも分かれるようで、高齢者は白っぽい寒色系、若年者は暖色系を好む傾向があります。
人によって好みが分かれますし、読書・食事・就寝時など生活のシチュエーションによっても最適な光の色あいが選べるので、調色可能な照明器具をおすすめします。

 

広さと明るさアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!