バナナの保存は常温・冷蔵どっち?冷凍庫での保存方法は?バナナの黒い部分の秘密とは。

こんにちはusagiです。

先日バナナを買っていたことをすっかり忘れて、気づいた頃には真っ黒な不気味な物体が完成していました。

何も考えずにバナナを野菜室に放り込みさえしなければ・・・あのバナナは助かっていたはず!

深く反省した私は

バナナの保存方法は常温・冷蔵庫どちらが正解なのか?
冷凍庫で保存する方法は?
おいしくバナナを食べられるタイミングはいつなのか?
バナナにできる黒いやつは何?
もしかして真っ黒な状態のバナナでも意外といけたのか?

などのバナナに対する疑問を解決して、もうバナナに同じような思いはさせないと心に決めました。

ということで今回はバナナの最適な保存方法・冷凍保存のやり方・食べごろや黒いやつの正体についてご紹介します。

バナナの保存方法は常温?冷蔵?

バナナ 保存方法

バナナの保存に最適な温度は14℃~20℃くらいがベストです。

基本的に常温保存が最適ですが、季節によって冷蔵庫の野菜室での保存が良い場合もあります

夏場のバナナの保存方法

気温が高い夏場は冬よりもバナナは早く追熟するので

まずは常温で保存し、食べごろまで熟したら冷蔵庫の野菜室に移動して熟れすぎないように保存する
といった方法がおすすめです。

冬場のバナナの保存方法

バナナは追熟することで甘みが増し美味しく食べられるようになります。しかし寒い冬場など気温が13.5℃以下の場合、バナナは追熟をやめてしまいます。

冬場はリビングやダイニングなどの常温で、できるだけ冷えすぎない場所で保存

といった方法がおすすめです。

このように、バナナの保存は常温・冷蔵を季節によってうまく使い分けるといった点が美味しくバナナをいただくポイントとなります。

バナナはデリケート

バナナを置くときは反っている側を下に置いてしまうとバナナの重みで傷みが出てしまいます。

なので反っている側を上にして山なりになる状態で置いておくのがおすすめ。

自分の重みで傷むなんて、可愛いところありますよね。

バナナの置き方

またはバナナ専用スタンドなどでVIP待遇してあげる方法も。

バナナをこよなく愛する人におすすめです。

バナナをそのまま冷蔵庫に入れるのはNG?

温暖な気候で育つ熱帯の果物であるバナナは、そのまま冷蔵庫に入れてしまうと低温障害で黒くなってしまう事があります。

この原因は追熟している訳ではなく、冷蔵庫の温度が低すぎてバナナが風邪をひいてしまっているような状態になっている事

夏場の暑い時期などに、しばらくバナナを保存したい場合は新聞紙やキッチンペーパーにくるんで冷蔵庫の野菜室で保存するしましょう。

バナナの冷凍保存の方法

冷凍

思った以上にバナナ残った・・・なんて時はバナナを冷凍保存をしましょう!

実はバナナは冷凍保存しても味が損なわれにくい優秀な果物の一つで、食べきれなかった場合でも冷凍保存が可能です。

バナナを冷凍したらどうなる?

バナナを冷凍した場合、カッチカチになりそうなイメージがあるかもしれませんが、実は意外と柔らかく解凍しなくてもアイスキャンディーのようにそのまま食べることができます。

注意点は、解凍しても元のような食感には戻らず、水分が出てべチャッとした触感になってしまいます。

バナナを冷凍保存した場合は、凍ったまま食べるかミキサーにかけてシャーベットやスムージーとして楽しむのがおすすめです。

冷凍は皮を剥いて冷凍がおすすめ

皮ごと冷凍してしまうと凍った後に皮を剥くのは至難の業となるので、皮を剥いて冷凍する方がおすすめです。

丸ごと冷凍するか、小さく切って冷凍するかは好みでOKです。サランラップやジップロックなどに入れて、約1か月ほどは冷凍保存可能です。

バナナの黒い斑点の正体は「シュガースポット」

バナナをしばらく放置していると出てくる黒い斑点は「シュガースポット」と呼ばれます。

シュガースポットが多くなるにつれて糖度が高くなり、甘みが増しているサインにもなるのです。

実はこのシュガースポットがなかなかの優れもので、シュガースポットが多いバナナを食べると免疫力増加につながります。

シュガースポットがない若々しいバナナに比べて、およそ5~8倍も免疫力アップが見込めるとのこと。

とはいえ買ってすぐバナナ食べたいな~って時もありますよね。実はシュガースポットがない買った直後のバナナでも、甘みはシュガースポットが出てきたバナナよりも少なくなりますが食物繊維が豊富に含まれていて腸内環境を整えてくれるといった特徴があります。

シュガースポットだらけの真っ黒なバナナは食べれるのか?

黒くなったバナナ

シュガースポットの多いバナナは、甘みも栄養素もアップして良いことばかりだという事は分かりました。

それではシュガースポットだらけになった真っ黒なバナナは食べれるのか?むしろ真っ黒なほうが甘くておいしいんじゃないか、くらいに思えてきましたが実際どうなんでしょう?

実は全体が黒くなってしまったバナナでも腐っていない限り問題なく食べられます。しかしそこまで黒くなりすぎていると、酸味や苦みが増して甘みは逆に減ってしまいます。

また、シュガースポットが増えるにつれてバナナの実が柔らかくなってしまうので触感や歯ごたえがなくなってしまいます

バナナの最適な食べごろは?

バナナの最適な食べごろは食べる人の触感や甘さの度合いの好みによるので一概には言えませんが、甘みもあって触感も残っている状態はシュガースポットが出始めた頃といわれています。

シャキシャキ触感が好き、甘さひかえめが好きといった方はシュガースポットが出ていない頃がおすすめ。

逆に甘みを求める方はシュガースポットが多くなってきた頃まで待って食べるとよいでしょう。

1本1200円!?人気沸騰中の「高級バナナ」がアツい!

【バナナ新記録】極上フルーツ「ともいきバナナ」その値段に驚愕!その魅力や販売店は?

果物1kgあたりの個数の目安は?ネット通販で役立つ!種類別果物の重さと個数・カロリーをご紹介。

最新情報をチェックしよう!